金冷法の効果!ペニスと睾丸を丈夫にするチントレ方法

チントレ
この記事は約5分で読めます。

みなさんは「金冷法」というチントレ方法を知っていますか?

健康のためにあえて水風呂に入る、冷水シャワーを浴びるというものを聞いたことがありませんか?寒中水泳も金冷法に入ります。

その健康法をチントレとして応用して、ペニスに重点を置いて冷水をかけるというチントレ方法です。ですがその健康法がペニスにも効くのかどうかは不安ですよね。

この記事では金冷法をすることで得られる効果、金冷法のやり方、そして金冷法で気を付けなければいけないポイントについて説明していきます。

金冷法で得られる効果3選

まず初めに金冷法で得られる効果の説明をしていきます。

精子の量・質の低下防止

ひとつ目の効果は精子の量の向上、さらに精子の質も上げることが出来ます。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校で11名の男性を対象に行った実験で、温かい湯舟につかる事や温水のシャワーの利用を控えさせた結果、精子の数が約5倍に増えたという記録があります。

睾丸は低温を好み、陰嚢の温度は体温より3度低いのです。それは睾丸が高い温度になってしまうと精子が弱っていってしまうからです。男性の不妊が多い理由の一つがこの温度の高さになります。

仕事により座りっぱなしにより睾丸が温まってしまう、衣類を着込むことで睾丸の温度が高まってしまうといったことが男性の不妊に関係してきます。なので金冷法を行うことで睾丸の温度を下げ、精子の質や量の低下を防止する効果が期待できます。

 

勃起力の向上

ふたつ目の効果が勃起力の向上です。

勃起力がなく、勃起してもあまり硬くならなかったり勃起の維持力がなくすぐ萎えてしまったり。そういった男性は多くいます。理由としては下半身に血液が回っておらず勃起に必要な血液を十分に確保できていないからです。

血液の流れやすい伸縮性のある血管を作ることで張りのある硬い勃起をすることが出来ます。そこでこの金冷法が役立ちます。

勃起力向上を手助けしてくれる効果は期待できます。スポーツで言うアイシングのように局所冷却をすることによって一時的に血管は収縮されて血流の流れが悪くなりますが、冷却を辞めた後はリバウンド効果により血管が膨張してCIVDが起こり、より血流が局所的に集中して流れる効果があります。

また温冷浴は、血圧が大きく変動するので体への負担を気をつける必要がありますが、体全身から血流が良くなります。これらはスポーツ医学では常識ですが、金冷法は昔の時代より現代まで効果を感じ続け伝えられていることからも合理的なチントレになりますね。

健康維持効果

三つ目は健康維持効果です。

金冷法はペニスだけの話しではありません。そもそも冷やすことで本当に健康になるのか。先に結論を言うと健康になります。正確に言うと健康維持効果と疲労回復効果があります。

2016年のオランダ医療機関で行われた実験で被験者に1ヶ月間、温水シャワーと冷水シャワーを交互に浴びさせ、その後2ヶ月間冷水シャワーを利用させた結果、被験者の多くが活力のアップを実感したという記録があります。

またSingapore General Hospitalの調査結果でも運動後に水風呂に浸かることで疲労回復に消費するエネルギー量が低下し疲労回復までの速度が上がったという記録もありました。

実験の結果からもわかる通り、冷水によって健康状態を維持することが出来ます。古くから続いている水風呂ですがしっかり続く理由があるということです。

金冷法のやり方

金冷法はそのままシャワーや風呂場の水道、または桶に冷水を溜めて浸けるなどやり方は様々ですが一番オーソドックスなやり方を説明します。やり方は至って簡単です。

STEP1 湯船でからだを温める

まずは体を温めましょう。このとき湯船でなくサウナでもありです。

STEP2 冷水をペニス、睾丸に当てる

体が十分温まったら次にペニスをシャワーや桶などでペニス、睾丸を冷やしましょう。

STEP3 1と2を繰り返す

あとはSTEP1とSTEP2を繰り返します。最後にSTEP2を行って終わりましょう。

よく温泉でサウナの横に水風呂がありますがまさにこの3ステップをするためのものになります。家では湯船しかないのでサウナでやってみたい場合は温泉に言ったタイミングで行ってみましょう。

金冷法で知っておいた方がいいこと

金冷法について知らなきゃ損すること、知っておいた方がいいことの説明をします。

増大効果・早漏改善効果はない

金冷法にペニス増大効果、及び早漏改善効果はありません。

あくまで勃起力を上げるだけで増大はしないので気を付けてください。実験でも早漏が改善されたという報告はありません。ですのでこの2つの効果を期待して金冷法を行っても効果がないので知ったうえで金冷法を行ってください。

高齢者・疾患の場合は危険

高齢者、精神疾患、高血圧、及び心臓の弱い方は金冷法は避けましょう。

高温から低温への急な変化は体に負担がかかりそれが予期しない事態になってしまう恐れがありますので体の健康・安全を第一に考え金冷法をやる前に十分注意してください。

まとめ

ここまで金冷法のやり方、金冷法で得られる効果、そして金冷法で知っておいた方がいいことについて説明してきました。

最後に重要なポイントをまとめます。

  • 金冷法を行うことによって精子の質・量が向上する
  • 勃起力を向上させる効果がある
  • 健康維持効果・疲労回復効果が期待できる
  • やり方は一度温まり、そのあと冷やす
  • 増大効果と早漏改善効果はない
  • 高齢者と疾患の場合避ける

昔から行われていた水風呂ですが今でも続けられているということはしっかり効果があるということです。

不妊に悩んでいる男性には非常におすすめのチントレ方法です。冷水なので少し辛いですが継続して行うことで効果が実感できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました