ペニスポンプ・増大吸引ポンプの比較&ランキング【5選】

吸引ポンプ
この記事は約10分で読めます。

ちんこを大きくするペニス増大ポンプ・吸引ポンプは市場に多く販売されており、「効果を実感できて怪我のリスクが少ない物」「効果を実感できるけど怪我のリスクが高い物」「効果が実感できないのに怪我のリスクも高い物」と様々です。

多くのペニス増大ポンプ・吸引ポンプを使ってきた私が、ペニス増大ポンプ・吸引ポンプを比較してランキングにして紹介していきます。

 

ペニス増大ポンプ・吸引ポンプでちんこが大きくなるメカニズム

増大ポンプとは筒状の容器にチンコを挿入し真空状態を作り出す治療器具で、本来、ペニス増大ではなく勃起力改善、EDの改善を目的として作られた器具で、アメリカのクリーブランドクリニックでも副作用のない勃起不全の治療する器具だと発表しています。

ペニスを挿入した容器の空気を抜き、真空状態にすることでペニスに気圧の差による圧力が影響します。その圧力が増すことで血管内の圧力が上昇することにより血流が促進されることで強制的に勃起状態にすることができます。

 

内側からの圧迫ストレッチ

ペニス増大ポンプを使用することでペニスに十分な血液が送り込まれ海綿体に血液が流れ込みパンパンになり、ペニスの形や構造を維持をしてくれる組織、白膜(はくまく)と筋膜(きんまく)にストレッチ・圧力を内側から与えることができます。

それによって、ペニス組織の容量を広げて細胞自体に微小な傷をつけることができます。そして、細胞修復によって成長を促すことができるので、勃起した時により大きくなる環境を作り出せます。

 

平滑筋を鍛える

ペニスは3つの海綿体が内部にあり、海綿体の大半は血液ですが一部、平滑筋で構成されています。

 

増大ポンプによって、ペニスの血流により海綿体組織を圧迫(圧縮)することで物理的に平滑筋にストレスをかけ成長をします。

平滑筋を鍛えることで、ペニスの勃起力が上がり平滑筋も大きくなり増大を促します。平滑筋にストレスをかけてダメージを与え、回復させる繰り返しにより、平滑筋が鍛えられペニスを大きく鍛えることができます。

 

ペニスポンプ・増大吸引ポンプ比較・ランキングの基準

ペニスポンプ・増大吸引ポンプをいくつも使ってきて私がこのランキングを作るにあたって比較した基準をお話しします。

ペニスポンプ器具(ちんこポンプ器具)の種類

ペニス増大ポンプには「手動式」「電動式」「水圧式」の3種類に分けられます。

「手動式」(ファローサンフォルテ等)の特徴
使いたいときにいつでも自分のペースで使え微調整が可能
圧力を強めるには手間がかかる
「電動式」の特徴
シリンダーの圧力が一定に保たれ調節がしやすい
モーターの使用音がうるさく、バッテリーが切れると使えなくなる
「水圧式」(バスメイト等)の特徴
水圧を利用するので怪我や皮が伸びたり「ふぐり」が起きにくく、入浴中に使えて血流が良い状態で行えるので効果が出やすい
トレーニングできる場所がお風呂場に限られる

これらの種類の特徴も踏まえてランキングにしてます。

増大効果

ペニスポンプのメカニズムは同じで、ペニス内を真空状態にして気圧の差によって増大を促す仕組みですが、シリンダーの違いだったり、吸引力の違い、吸引の種類の違いによっても増大効果は異なります。

販売実績数、販売年数、増大効果調査など、どのくらい人達がペニスポンプを使って、増大効果を得られたのかなどを考慮し信頼性が高く増大の確実性が高い製品であることが大切です。

 

安全性

ペニスポンプは、他の増大器具と比較すると、トレーニング時間が短く効率的に増大が可能なメリットがある反面、怪我のリスクが高く「水ぶくれ」や「ふぐり」が起きやすかったりと危険性も高まるので、なるべく安全性が高い事が重要です。

安全に使うためには、シリンダーのサイズ選択ができることが重要です。具体的に説明すると真空状態になったシリンダーは気圧によってシリンダー側に吸引されます。右の図のように外側へ吸引されるため自分のペニスよりも太いサイズのペニス増大ポンプを選んでしまうと縦の吸引と同時に横の吸引もされてしまいます。横の吸引、これがフグる一番の要因です。

なので、自分の太さに適したものを選択できる増大ポンプを選択することでフグる防止改善ができるようになります。また吸引力が強ければいいわけではなく、人体に安全なレベルでの吸引力であることも重要です。

 

コストパフォーマンス

増大効果があり、怪我のリスクが低い増大ポンプである事を前提に、販売価格が安いことも重要です。製品の品質と価格帯からコストパフォーマンスがいい物であるものを上位にしています。

ペニスポンプ・増大吸引ポンプの比較&ランキング

【5位】電動ペニスポンプ(Greenpinecone)

画像引用:Amazon.co.jp

USB充電式の電動ペニスポンプになります。価格帯は安価ですがシリンダーのサイズは一つであり、プラスチックで作られています。吸引力の調整が数段階に分けてでき、吸引リズム設定などできます。

ペニスポンプの体験はできますが、ペニス増大目的として使うには期待できないです。シリンダーも脆いので長期間使うには不向きですし、シリンダーサイズも広めの作り1つだけなので、怪我のリスクも高まります。

Greenpineconeブランドは、アダルトグッズを多く製造しており、シリコンリング、コックリングなど付属品は活用できるのですが、ペニスポンプは、形だけを模倣した感じで増大機能はしっかりと備わっていません。

 

【4位】手動式ペニスポンプ(Greenpinecone)

画像引用:Amazon.co.jp

手動で真空状態にするペニスポンプになります。ペニス増大ポンプの中でも低価格ですが、手動によってしっかりと真空状態を保つことができます。

ペニスポンプの人気ブランド「Greenpinecone」の電動式と比較すると、ペニス増大のための吸引力の調整がしやすいのですが、どのくらいの圧力をかけることができているのかも曖昧ですし、シリンダーの形は広いもの一つだけですし、素材の耐久性もわからないので、怪我リスクが高すぎると言えます。

 

【3位】パワーゲージ

画像引用:Amazon.co.jp

パワーゲージは、手動式の日本で製造されている増大ポンプ器具になります。吸引力の最大値が2、3倍ほどの強さを誇ります。

ただ、吸引力が強すぎるが故に、上手に活用できればいいのですが、怪我のリスクもかなり高まりますし、パワーゲージを使って「ふぐる」「水ぶくれ」状態になってしまっている日本人は多数います。

シリンダーサイズは、6種類から選択することができるので、その人にあった怪我をしにくいシリンダー選択が可能です。そして、安価なシリンダーとは違い、パワーゲージの素材には強化プラスチックが使用されています。

また、このシリンダーは、先端が少し細くなっており、亀頭が蓋をすることで縦方向により最大の圧力がかかり長さ増大によりアプローチができます。

 

【2位】ファローサンフォルテ

画像引用:ファローサン・フォルテ公式

ファローサンフォルテは、ペニスポンプと牽引器具の両方を持ち合わせているハイブリッド器具になります。ただ、装着し続けたイメージとしては「ポンプ機能2割:牽引機能8割」くらいの役割の差がある感じですね。

ヨーロッパの公的保健医療機関のガイドラインによって、ファローサンフォルテは等級1の医療器具として分類されています。吸引しながら牽引をし続けることができます。

吸引系のペニスポンプは内側(血流)からの増大をはかり、牽引器具は外側からのストレッチによって増大を促してくれるので両方良いどころ取りをしてくれます。ただ、装着し続けたイメージとしては、「ポンプ機能2割:牽引機能8割」くらいの役割の差がある感じですね。

日常的に装着できますし、睡眠時でも利用できる画期的なペニスポンプであり、増大機能としてはトップクラスに優れているのですが価格帯が割高です。

PHALLOSANが行った臨床実験の結果で被験者(20歳から68歳までの男性24名)に6ヶ月のあいだ、週6日、平均装着時間は6時間ファローサンフォルテを装着させたところ通常時のペニスが1.48cm、勃起時のペニスが1.8cmサイズアップを果たしたという結果が記録されています。(協力元:フランクフルト・マルクスクランケンハウス 泌尿器科クリニック)

 

 

【1位】ハイドロマックス

画像引用:Bathmate公式

ハイドロマックスは、他のペニスポンプの違い水圧式の増大ポンプになります。水圧式ポンプでは、空気の代わりに水を利用して圧迫するため、痛みやむくみを和らげることがで、怪我をしにくいメリットがあります。

また、お風呂場でのトレーニングに限られてしまうデメリットはありますが、浴槽に浸かりながらの利用が可能で血流が良い状態で増大しやすい状態で増大トレーニング可能になります。

パワーゲージ同様に、ハイドロマックスのシリンダーは、先端が少し細くなっていて、長さ増大にも効果的です。シリンダーはかなり頑丈で多くの耐性実験も行っています。

ハイドロマックスはイギリスの工場で製造されており、製造から15年以上経っていてこのハイドロマックスを中心に全世界に150万個以上販売している信頼できる人気ブランドです。

製造業者のbathmate®の調査によるとこの水圧を使ったペニス増大ポンプを3ヶ月使用した結果、9割以上のユーザーが2~5cmサイズアップした上、太さも20~30%の増大効果があったという結果が記録されています。さらに勃起機能の向上効果も報告されています。

 

 

ペニス牽引器具の価格帯の一覧

通常盤 上位版
ハイドロマックス ¥ 18,800 ¥34,800
ファローサンフォルテ ¥ 40,000 ¥53,100
パワーゲージ ¥19,540〜 ¥23,650〜
手動式:Greenpinecone ¥2,280
電動式:Greenpinecone ¥3,380

手頃価格で購入できるペニスポンプは、ペニス増大としての製品というよりは、吸引する感覚を体験できる器具と言えますね。3位のパワーゲージから本格的な増大ポンプとなっています。

パワーゲージは、シリンダーの太さによって価格帯が上がっていきます。ファローサンフォルテは、増大機能としては日常的にも利用ができますし、臨床実験もしっかりと行っているので、ペニスポンプの中では増大効果が確信的ですが、価格帯が高いんですね。

ハイドロマックスは、通常版だと他のペニスポンプと比較しても安いのですが、効果はかなり高い上に、「怪我、ふぐり、水ぶくれ」のリスクがかなり低くなります。

増大効果が最優先なら「ファローサンフォルテ」ですが、価格帯や怪我リスクを抑えてトレーニングをしたいのなら「ハイドロポンプ」は間違いない選択の一つです。

 

アンドロ系のペニス増大牽引器具の比較・ランキング

ペニスポンプ・増大吸引ポンプの比較&ランキング一覧表
ランキング パッケージ 商品名 通常価格 特徴 分類
1位 ハイドロマックス ¥18,800 水圧式の増大ポンプになります。水を利用して圧迫するため、痛みやむくみを和らげることがで、怪我をしにくいです。製造から15年以上経っていてこのハイドロマックスを中心に全世界に150万個以上販売している信頼できる世界的に有名製品です。 運動器具
2位 ファローサンフォルテ ¥40,000 ペニスポンプと牽引器具の両方を持ち合わせているハイブリッド器具になります。日常的に装着できますし、睡眠時でも利用できる画期的なペニスポンプですが価格帯が高いです。 医療機器
3位 パワーゲージ ¥19,540〜 手動式ポンプであり、日本で製造されています。吸引力の最大値が他の吸引ポンプと比較して2、3倍ほどの強さを誇ります。 アダルト雑貨
4位 手動式:Greenpinecone ¥2,280 手動式のペニスポンプになります。価格帯は安価です。ポンプ体験はできますが、ペニス増大目的として使うには期待できないです。 アダルト雑貨
5位 電動式:Greenpinecone ¥3,380

USB充電式の電動ペニスポンプになります。価格帯は安価です。ポンプ体験はできますが、ペニス増大目的として使うには期待できないです。

アダルト雑貨

今回のランキング内容を簡単にまとめました。詳しい使用感を知りたい場合は以下を参照してください。

ハイドロマックスの体験レビューはこちら

ファローサン・フォルテの体験レビューはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました