チントレで最高の増大トレーニング時間3選(PI)

この記事は約6分で読めます。

チントレでは、手を使ったり器具を使ったりとさまざまな方法で行いますが、それが効果を得られる適切なトレーニング時間なのか、強度なのかが分からない人が多くいます。

これが間違えてしまうと、全く成果が出ない、一時的に成果が出ても伸びにくくなってしまうことがあります。なので適切なトレーニング強度を定める選定方法についてお話しします。

 

3つの生理学的指標(PI)からトレーニングレベルを選定

PI(Physiologic Indicators)とは、 チントレによってにペニスに起きる物理的な反応を言います。チントレをしたらペニスに少なからず変化が見られます。

この変化をしっかりと見定めることによって自分のチントレレベルを把握することができます。チントレが強すぎる反応を見せる場合には弱くする必要がありますし、弱すぎる反応を見せる場合には強くする必要があります。

しかし、多くのチントレニーはこのチントレレベルをしっかりと定めるためにPIの観察をしっかりとしないのです。なので自分にとって適切なトレーニングレベルが分からず成果にも繋がらない初心者が多いのです。

PIは3つの段階に分けることができて、「ポジティブPI」「ニュートラルPI」「ネガティブPI」となり、この3つのどの段階にペニスはなっているのかを定めましょう。

 

「ポジティブPI」とは

この状態はチントレ後に素晴らしい反応であり、適切なトレーニング強度でおこなえていると判断することができます。なのでポジティブPIを見せたのならそのトレーニングレベルが現状適切であるいい印になります。

具体的には

  • 通常時のペニスサイズが普段よりも大きく垂れ下がった状態が続く
  • 朝立ちを強く感じる
  • 勃起硬度が高い
  • 勃起した時のサイズが僅かに大きい

などチントレした後に、ペニスの勃起力(PE)がしっかりと強いことが重要です。

 

「ネガティブPI」とは

この状態では、チントレ後に見られる悪い反応でありトレーニング時間や強さをやり過ぎているので強度を落とす一つの判断材料になります。

具体的には

  • 痛み
  • 朝立ちがほとんど見られない
  • 痺れ
  • 腫れる
  • 勃起硬度が低い
  • 変色

この状態になってしまうと逆効果となっており、ペニス増大とはかけ離れた状態であると言えます。

 

「ニュートラルPI」とは

ニュートラルPI状態はまだ、ポジティブPIに移行するからネガティブPIに移行するのかが分からない状態になります。基本的にチントレ後はニュートラルPIになりその後に、どちらかの方向に向かいます。

なのでニュートラルPIの状態になること自体は問題なく、ここからどのように移行するのかが重要になります。

具体的には

  • 一時的なペニスの収縮/拡大
  • 小さな斑点
  • ペニスのわずかな痛み
  • ペニスの皮膚のむくみ

このような症状になることは悪いことではなく、ペニスに大して何かしらの刺激を与えることができている証拠でもあります。なのでニュートラルPIの症状にもならず変化が何もないチントレをしていたとしたらそれは、意味がないトレーニングだと言えます。

ただ、それがやり過ぎなのか適した強度なのか判断をするために、ペニスのコンディションを観察し続けることが重要になるのです。

 

最悪と最高のチントレ時間や強度メニューシナリオ3選

この3つの指標を頭に入れておくことで自分に適した強度を定めたトレーニングが可能になります。そしてこれを意識しないで行うことで、数ヶ月経っても全く成果が出ない人もいます。成果が1ヶ月ないけどチントレメニューは全く同じって素人が多過ぎます。

なので、初心者こそ意識するべく項目ですし、熟練者も再度自分のトレーニングを見直す指標になるのです。

では、実際にこのPIを取り入れた人の実例を基にチントレシナリオを成功例、失敗例、複雑な例で紹介します。

 

その①:最高のチントレ強度シナリオ

A君が「10分のジェルキング」をしたとして、チントレ後に少し大きめの形になり赤みかかった状態になったとして、その後少しだけ縮小したとします。ですが朝立ちが普段より強く勃起硬度も高かったとしたら「ニュートラルPI」が「ポジティブPI」になったことを示します。

なのでチントレレベルは適している一つの証明なので、このトレーニングを継続して測定を定期的に行いましょう。

しかし、測定を継続的に行ったとして1ヶ月以内にペニスの増大が見られなければ、よりトレーニング強度を上げるべき指標になります。まだオーバートレーニングを示すネガティブPIがないので、更なる強度を上げる余地があると分かります。

そこで「10分のジェルキング」を15分に伸ばして行うことで「ネガティブPI」がないことを確認したら、その強度を継続することでまた数週間観察をします。

そして徐々に増大している様であれば、そのトレーニング強度を成長が止まるまで継続することで増大効果を得ることができます。再度成長の妨げが見られる様なら強度を少し上げてPIの観察をしっかりと行いましょう。

この様にトレーニングの増大成果とPIによって自身のチントレ強度を上げたり、下げたりと適応値を定めることが重要になるんですね。

 

その②:最悪なチントレ強度シナリオ

B君が「10分のジェルキング」をしたとして、少し腫れぼったい感じでニュートラルPIに入り、朝立ちがなく日常的な暇勃ちもなく、勃起硬度が弱いことがわかりネガティブPIになってしまいました。

しかし、それでもチントレを強い強度で続けてしまった場合には、ペニス組織や靭帯が硬く硬直状態になり、勃起するために血流も悪くなり、勃起した時の長さや太さもわずかに小さくなってしまいます。

さらには、組織硬直によってチントレによって増大効果も半減してしまい増大しにくいペニスになってしまうのです。

このような場合では、1週間の休息とるなどして、自身の勃起力が戻ったことを確認してからチントレの再開をする必要があります。ネガティブPIの反応が出ているのにチントレをしてもいいことがないんですね。

その③:複雑なチントレ強度シナリオ

複雑な例では、C君はチントレ後、ペニスの皮膚のむくみが出た後に色が変色してきて勃起力の低下が見られネガティブPIであることがわかりチントレの休息をしました。ですが、3週間経ってやっと勃起力の低下が完全に戻ったのですが以前よりも、ペニスの長さや太さが数cm増大したことがわかりました。

この場合には、ニュートラルPIからネガティブPIに移行したことが明確化していたのですがネガティブPIから回復をして増大したんですね。このことからC君にとってペニスの皮膚のむくみと変色は必ずしもネガティブではなくポジティブな効果をもたらすことがわかったのです。

確実な回復により増大がはっきりするのなら一般的に「ネガティブPI」だったとしても、C君にとって「ポジティブPI」であることがあります。

このように複雑な場合も中にはありますが、ペニスの「PI」を観察することはペニス増大するためのチントレにおいて物凄く重要なことであり観察対象として重要になります。

今までチントレで器具、手を使って増大トレーニングをしていた人は今一度自分の息子の状態はどうなのか観察をしてあげてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました