スクワットよりも効果がある勃起力UPチントレ方法!

チントレ
この記事は約6分で読めます。

勃起に力がない、勃起の維持できる時間が短い。

スクワットで勃起力が向上するというのを聞いたことがありませんか?

スクワットをすることによってペニスが増大する可能性があるとまで言われています。ですが本当に効果があるのでしょうか?

この記事では股関節の運動の重要さ、本当にスクワットで勃起力は変わるのか、変わるとしたらスクワッドとは違う効果が得られる方法はあるのか、というところに重点を置いて説明していきます。

股関節による運動の重要性

股関節は両脚の付け根にあり、骨盤と大腿骨が組み合わさった部分です。

人間の体の中で最も大きな関節構造であるとともに胴体と両脚を繋いでいるため、体重を支える上で重要な役割を担っている関節です。

また体重を支えながら、身体を屈曲させたり脚を前後・左右に広げたり、内側や外側に回転させることも股関節には靭帯や筋肉が数多く付いており、様々な運動機能に深く関りがあります。

股関節が硬くなるとどうなってしまう?

テレワークの機会が増え、自宅にいる時間が多くなったことで運動不足を感じているひとが非常に多くなっています。長時間同じ体勢が続くことで体を動かすことが少なくなってしまい股関節はどんどん硬くなってしまいます。

股関節は多くの筋肉と関与しているため、足腰やお尻、背中の筋肉のコリとも大きく関係してきます。股関節の筋肉を動かし慣れていないと瞬間的に動けなくなってしまい様々な場面で悪影響が現れてしまいます。硬くなった股関節が体に及ぼす影響は以下です。

血行不良

股関節が硬いと血流が悪くなり身体のむくみや冷えが生じやすくなります。それによって肩こりや腰痛、ひざ痛などの原因にも繋がっていきます。

股関節の周辺はリンパが集中しているので、ほぐしてあげることでリンパの流れや血流がよくなり、老廃物をため込むことも少なくなります。身体も温まりやすくむくみや冷えの防止をすることが出来ます。

勃起障害

下半身の血流が悪いと必然的にペニスへ行き渡る血液の量も少なくなってしまいます。

そうなってしまうと勃起に必要な血液が十分に確保できなくて勃起力の低い元気のなさそうなペニスになってしまいます。

さらにはこの状態が長い間続いてしまうと勃起不全に陥ってしまう可能性もあります。

運動能力の低下

瞬発的な運動能力の低下はもちろん、持続的な運動能力も低下してしまいます、

運動は血液が流れている場所、流れ慣れている場所が動きやすいです。血流が悪い部分は動かさなくてもいい部分と体が勝手に判断してしまいより血液が流れづらくなってしまい、運動能力も低下してしまいます。

スクワットで勃起力は上がる?

スクワットによって勃起力は向上するのか?

スクワットは下半身全体の筋力にアプローチできるので全体の血流を促進させることが出来ます。それに伴い、ペニスにも血液が流れやすくなり勃起力を向上させることが出来ます。

正しい手順でスクワットをすることでその効果をより増すことが出来ます。

スクワットの正しい手順
  1. 足は肩幅より少し広めに開き、親指を外側に向けます。
  2. 手は腰か、胸の前か、頭の後ろにおきます。
  3. 息を吸いながら背筋を伸ばした状態のままお尻を突き出すように太ももと床が平行になるようにしゃがみます。
  4. 息を吐きながらゆっくり立ち上がります。

スクワットをすることで下半身に運動が加わり血液が循環するようになります。

運動不足の場合は毎日繰り返すことで下半身の隅々まで血液が行き渡るようになります。そうすることでペニスにも十分な血液が行き渡るようになり勃起に必要な血液が確保できるようになります。これによって勃起力が増します。

スクワットとは違う勃起力を上げる方法

スクワットに勃起力を高める効果があることはわかりました。

では次に、スクワットとは違う効果のある勃起力を高める方法を説明していきます。

ワイドスクワット

ひとつ目はワイドスクワットです。

お相撲さんの四股をイメージしたスクワットです。スクワット運動には変わりないんですけど足の開き方や腰の下ろし方が異なります。

普通のスクワットとの大きな差は足の開き方にあります。足の開き方が通常のスクワットよりも広く開き、つま先を外側45°に向けた状態で開始します。

あとは通常スクワットと同じように背筋を伸ばした状態を維持して腰を落とします。

通常スクワットの効果を得られるのほもちろん、ワイドスクワットは太ももの内側にあるインナーマッスル、内転筋を鍛えることが出来ます。さらに両足を大きく広げて動作するので、股関節の柔軟性を向上させることにも繋がります。

伸脚運動

次に伸脚です。片足を外側に開き、つま先を膝と同じ方向に向けながら、逆の脚の太腿を伸ばします。伸ばしている脚のつま先は上に向けよう。これを左右交互に行ったら、さらに、腰を深く沈み込ませ、太腿からふくらはぎまでをゆっくり伸ばします。

ですが、このときも腰が丸まらないように注意が必要です。

腰割ストレッチ

はじめの動作はワイドスクワットと同じ体勢を作ります。

背筋を伸ばした状態で腰を下ろし、その状態を維持します。そのあと膝に手をかけます。このときつま先を逆ハの字型に外側に向けるのを意識しましょう。片方の肩を捻り、内側に入れ込みます。これにより股関節の筋を伸ばすことが出来ます。次に反対側の肩も内側へ入れ込みます。

これが腰割ストレッチです。腰を下ろすときお尻が突き出ないようにするのがポイントです。接辞を伸ばしていても前かがみの姿勢では意味がありません。

四股踏み

4つ目は四股踏みです。上記の3つをこなした上でやってほしいトレーニングです。

四股踏みとは関取が腰を低くして片足を上げるあれです。最後に力強く地面を踏むイメージがありますがこのトレーニングはゆっくりやることを想定しています。

四股踏みの正しい手順
1、腰割りを行う
腰割りとは簡単に言えば最初に行ったワイドスクワットの形に当たります。正しい姿勢のまま腰を下ろして足首、膝、股関節がそれぞれ90度、そして太ももと地面が平行になるように維持します。
2、片足を上げる
腰割りの体勢から片足を真横から上へあげていきます。勢い良く上げずゆっくり上げていきましょう。このとき息を吸いながら行うのがポイントです。「足を上げる」というより「体を横に傾ける」イメージでやると上手にできます。無理をせず上げた状態をキープします。
2の動作は伸脚運動と腰割ストレッチをしていないと足の筋を痛める危険性があります。
3、上げた足を戻す
次に上げた足を戻していきます。このときもゆっくり戻していきます。このとき息を吐きながら戻していくのがポイントになります。ワイドスクワットの形に戻るように地面に足を着けていきます。
これが四股踏みの大まかな流れです。このトレーニングは下半身全体の筋肉を使うので血流を促進させてくれる上、運動不足の場合、かなりの運動量になるのでテストステロンの分泌も期待できます。

ですが、この通常のスクワットと違う効果が得られる方法を使っても勃起力は増しますけどペニスは増大しません

間接的に勃起の性能は上げることは出来ましたがペニスの増大は直接的にアプローチしなくてはその効果は出てきません。しっかりペニスの増大に特化したチントレをしなければ増大効果は望めないということです。

なのでペニスを増大させるにはしっかりとしたチントレが必要です。チントレについてまとめた記事があるので参考にしてください。

大きくする方法ランキング11選【完全図解版】

コメント

タイトルとURLをコピーしました