自力チントレでチンコをデカくする方法7選【完全図解版】

チントレ
この記事は約11分で読めます。

チントレとは、「ちんこのトレーニング」のことであり、ペニスをトレーニングしてペニスの長さや太さのサイズアップ、勃起力向上、早漏改善、精力アップなどを目的としています。

勃起力やペニスサイズを増大させたい人にとっては改善を図ることができますし、チントレは男の夜の悩みを全て解決してくれるほど、最高のトレーニングになります。

しかし、チントレと一概に言っても様々な種目があるので、その人の目的に対して意味がいないトレーニングもあるのです。たとえば、ペニスを大きくしたいのに増大用のチントレをしなければ全く意味がありません。

私自身、チントレに関しては専門家と言えるほどのプロフェッショナルなので、どこの情報よりも詳しく、どのような効果があるのか専門的に図解化してチントレ方法をお話していきます。

 

チントレの凄すぎるメリット7選

長さ・太さの増大

ペニスは、ほとんどの人がペニスの半分ほどが体内に埋もれていて、靭帯(ワナ靭帯)が恥骨に付着して骨盤の内側に押し込まれているんです。なので、この靭帯をチントレによって緩めて内側から引っ張ることでペニスの長さは露出する分長くなります。

またペニス細胞にストレッチをかけて細胞を傷つけて再生・成長を促すことで長さだけでなく太さ増大にも効果が期待できます。

 

勃起力向上

ペニスの海綿体細胞には「陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)」と「尿道海綿体(にょうどうかいめんたい)」の2つがあります。脳が性的興奮を感じたり、その他生理現象によって、血流が海綿体に流れ込み勃起します。

しかし、ペニスに血流が十分に流し込めず、血流を留めることができなければ強い勃起ができません。なので、勃起力を向上させるために、チントレで骨盤底筋(PC筋)を鍛えることで、ペニスに送る血流のポンプ役をしてくれるので勃起力向上に貢献してくれます。

また、物理的に海綿体の血流を満たしてパンパンにして圧迫することでペニス組織に圧迫ストレッチをかけて、海綿体にある平滑筋に刺激しペニスを大きく鍛えることができます。

海綿体の大半は血液ですが一部、平滑筋で構成されています。平滑筋は、自らの意思で動かせず、内臓や血管にもあり、筋肉と組織はかなり近しいです。

 

早漏改善

早漏の原因は様々で、勃起力が弱まることや刺激に慣れていないことで早漏になってしまう原因も一つになります。その場合には、チントレによって圧迫含めた刺激によって刺激慣れし、血流改善によって勃起力が高まるため早漏改善に貢献をしてくれます。

 

亀頭の増大

男性が性的に興奮すると、海綿体の内部の動脈が血液で満たされ亀頭部分まで膨らみ外膜を圧迫し血流が行き渡ります。血液の圧迫(圧縮)によってパンパンに亀頭が膨らみ、亀頭部分を内側から圧迫して容量を伸ばしストレッチをかけてくれます。

 

カリ高効果

カリ部分は、血流によって容量を広げて伸ばすこともできますが、柔らかい皮なので手を使ってカリ部分を引っ張り伸ばすことで形を整えることができます。

 

勃起時のサイズアップ・膨張率向上

ペニスは3つの海綿体が内部にあり、海綿体に血液が流れることで、ペニスが硬くなり勃起します。

そして、海綿体の表面を包んでいる白膜(はくまく)、またその外側を守ってくれている筋膜(きんまく)があります。海綿体は白膜と筋膜に守られている組織なんですね。

これを内側から血流でパンパンにして圧迫、ストレッチ・牽引によって刺激をすることで、勃起した時の容量が徐々に広がり勃起した時のサイズアップが期待できます。

 

勃起前のサイズアップ

ペニスの靭帯をチントレによって緩めて内側から引っ張ることでペニスの長さは露出した分長くなり勃起した時だけでなく、勃起していない通常サイズの時にもサイズアップすることができます。

 

チントレのやり方7選【効果別】

では、自分の手を使ってすぐにできるチントレ方法について効果別でお話していきます。

自力ペニス牽引法

効果:長さ増大

指を使いペニスを牽引することで、陰茎組織全体、靭帯にストレッチをかけて細胞の成長促進や靭帯を前に引き出すことで増大させる自力チントレ方法になります。

自力ペニス牽引法のやり方
  1. 勃起させず、平常時のペニスで行なう。
  2. 親指、人差し指、中指の3本の指でカリを掴んで前に引っ張り続ける
  3. 引っ張った状態で360°回転させて全体的にストレッチをかける
  4. そのまま逆回転を行う
  5. これを1セットとして30秒〜1分ほどかけて一巡する
  6. 3~10セット行う

ペニス牽引法のポイントと注意点

様々な方向に牽引することで、靭帯に対して様々な角度からアプローチが可能になります。
強すぎる力で引っ張ってしまうとペニスが損傷してしまう恐れもあります。痛くない強さで適度な強さでテンションをかけましょう。

ジェルキング

主な効果:太さ増大・勃起力向上

ジェルキングでは、ペニスを圧迫してスライドさせることで、3つの血流菅にある海綿体の血液を圧迫して、平滑筋に刺激を与えることで大きく鍛えるチントレ方法になります。

「ジェルキング」のやり方
  1. ペニスを半勃起状態にする
  2. 潤滑剤をペニスにつける
  3. 親指と人差し指を使用してOKグリップを作りペニスの根元を握る
  4. ペニス亀頭部分に向けて2~3秒ほどかけて圧を加えながら血液を送り出す
  5. 亀頭前で停止してもう一つの手で同じように繰り返す
  6. 3〜30分程繰り返し動作を行う

トレーニングなので筋力トレーニングのように一朝一夕で効果が出るようなものではありません。ですので日々継続することで正しい効果を実感できます。

自分の手でペニスにアプローチをするので細かい力加減をすることが出来るため、ペニスに怪我をさせてしまう危険性を減らせます。ですがこの力加減によりペニス増大効果にむらが出てしまい、効果を減らしてしまう可能性があります。

ジェルキングのポイントと注意点

皮を引っ張るのではなく、圧をかけてスライドを行います。包皮が余りペニスの亀頭上に被さりたまる場合には、各ストロークの前に包皮を引っ込め行いましょう。
潤滑剤は面倒でも使いましょう。潤滑剤を使うことは皮伸び予防、怪我予防にもなります。

ミルキング

主な効果:亀頭増大・勃起力向上

牛の乳搾りの様に根元から絞る様な手の動きによってチンコ先端まで血液を流し込み圧迫し、太さにアプローチができ、より亀頭部分に負荷をかけやすいです。

ミルキングでは、血液の逃げ道をなくすように、しっかり根元を握っておくのがポイントです。

ミルキングのやり方
  1. お尻の穴を締めて血流をチンコに流した状態から利き手の人指し指と親指で、チンコの根元をぎゅっと掴む
  2. 根元の方の指から亀頭にかけて順に指を増やしながら握る
  3. 亀頭に血液がたまった状態を、10秒程ほどキープ
  4. 人差し指と親指はそのまま握っていたこれを離して、5~20分繰り返す

ミルキングのポイントと注意点

湯船に温まりながらでもミルキングをすることで、血流がいい状態でのトレーニングができるのでより効果が期待できます。また、必ずしも潤滑剤を使う必要なくトレーニングできます。
強すぎる圧で行うと亀頭部分に血豆ができてしまったり怪我してしまうので適度な強さで握りましょう

ペニス圧迫法

主な効果:太さ増大・勃起力向上

ペニス圧迫法では、圧迫する力や時間を自分で調節することで、デリケートなペニスを傷つけにくく、強い勃起を維持し続けることで血流を圧迫し続けるトレーニング法になります。

ペニス圧迫法のやり方
  1. ペニスが半勃起状態で行う
  2. PC筋に力を入れて(お尻の穴を締める)ペニスに力を入れる
  3. 力を入れた状態で利き手で親指と人差し指でOKサインを作りペニスの根本をぎゅっと握って血流を止める
  4. そのまま30秒〜60秒ほど圧迫をし続ける
  5. 指を離して圧迫していた血流を流してリラックスする
  6. これを3〜10回ほど繰り返す

ペニス圧迫法のポイントと注意点

骨盤底筋(PC筋)に力を入れることで、ペニスに血流が流れるのでその状態で圧迫することで多くの血流が入った状態で圧迫し続けることができ効果がより期待できます。
圧迫して血流を止めた状態を長くしすぎると変色して血行障害になる恐れもありますので、やりすぎはやめましょう。

 

肛門開閉運動

主な効果:勃起力向上(PC筋)

単純な動作ですが、骨盤底筋(PC筋)を鍛えることができます。肛門開閉運動では、負担が少なく日常生活で立っている時、椅子に座っているときにでも骨盤底筋に刺激して鍛えることができますよ。

肛門開閉運動のやり方
  1. お尻の穴をギュッと締める
  2. その状態で3〜10秒停止する
  3. ゆっくり緩める動作を繰り返す

 

肛門開閉運動のポイントと注意点

いつでもどこでも思い立ったら肛門を開け閉めしましょう
お尻に力を入れるのではなく肛門(お尻の穴)を締める意識です

 

ケーゲル運動

主な効果:勃起力向上(PC筋)
お尻開閉運動と同様に骨盤底筋を鍛えることができます。ただ、ケーゲル運動は、腹筋、太ももを同時に鍛えることもできて、骨盤底筋により負荷をかけることができます。なのでお尻開閉運動よりもより効果を期待できます。
ケーゲル運動のやり方
  1. 仰向けに寝た状態で足を肩幅に開き膝を立てる
  2. お尻の穴をキュッと締め内ももに力を入れて腰を上げる
  3. 肩・背骨・膝が一直線になる状態まで上げて3~10秒停止する
  4. ゆっくり腰を降ろす

このトレーニング繰り返しを5〜10回繰り返して行いましょう。ペニスの大きさ増大よりもすぐに成果を感じられるトレーニングになります。1、2ヶ月で改善効果を期待できます。

ケーゲル運動のポイントと注意点
下腹部、お尻、大腿部の筋肉に負担がかかりますが、肛門(お尻の穴)を閉める事を意識をしましょう
強く筋肉に負担をかけたり呼吸を止めないようにします

カリムキ(物理刺激)

主な効果:カリ高

この方法は、カリ部分、ズルムケ部分を引っ張る事で、直接的にカリの大きさを大きくする事ができる効果的なチントレ方法です。

カリムキのやり方
  1. カリを引っ張りやすいように反対の指で軽く抑えながら反対の手で「カリ」を指先・指腹で引っぱる・つまむ様にカリ皮を伸ばす
  2. カリ部分だけを引っ張り皮を引っ張らないような力加減で行う
  3. カリ部分全体を引っ張り力を加える
  4. 指を使って圧をかける角度・引っぱり角度を色々と試しつつ最適なカリ形を定める

カリムキのポイントと注意点

カリが大きくなるには時間がかかりますが、自分でカリの形も調節できるので引っ張る角度や力をかける方向を理想的な形に定めましょう
反対側の引っ張る力が強すぎると包皮だけが伸びてしまうので注意。また、亀頭自体を膨らます力(血流を送る力)がなければ、せっかく大きくなる容量ができても、その分膨らまないので勃起力が必要です。

 

チントレで効率的にチンコをデカくする方法4選

チントレ方法を覚えても、結局がむしゃらにやっても大きくすることは難しいです。なので、チントレを効率的に行いチンコをデカくする方法についてお話します。

 

チントレ前後で温めてマッサージをする

チントレ前は、ケガ防止の為にペニス組織を温めます。チントレ前に、暖かいタオルをペニス全体に巻き付けたり、シャワーで温めたり、風呂で温まりましょう。血流も良くなり靭帯も温まるので効率的な効果が期待できます。

チントレ後は、ペニス組織、靭帯の緊張を緩めチントレ後の血流促進を長く保つことで効果を効率化させます。チントレでは引っ張ったり、圧迫を加えるのでペニス組織が固まりやすくなってしまうのです。なので、揉んであげたりこねたりとリラックスをさせることで、疲労回復、怪我予防をしましょう。

 

NO系のサプリメントをチントレ前に飲む

アルギニン、シトルリンを含んだNO系のサプリメントを飲むことによって、血流促進に効果があるのでチントレの効果がより期待できます。

増大系サプリメントを飲んでも大きくなりません。しかし、血流促進することで勃起力を向上させてくれたりチントレでの増大効果をより期待できるのです。

 

無理をしない

チントレしすぎても靭帯やペニス組織を鍛えてしまったり怪我のリスクもありますので、痛みがでない強さで、休息をしっかりと取り入れたトレーニングであることが重要なんですね。休息期間でペニスの強化にも繋がるのでトレーニングだけでなく休息も取り入れましょう。

 

アンドロペニスを使ったチントレをする

チントレでは手を使って自力で行なっていますが、ペニスエクステンダーであるアンドロペニスを使うことで、半自動的に増大チントレが可能になります。医学的に増大が認められた器具であり、手術などと違いリスクも少なく確実性が高いペニス増大方法になります。

牽引器具のやり方
  1. 平常時のペニスを引っ張り最大値に合わせ器具の長さ調整をする
  2. シリコンベルトを亀頭の直下に固定してストレッチをかける

ペニスの牽引自体を器具に任せることが出来るので面倒な手順はありません。

ペニス牽引器具のポイントと注意点

手を使わなくても半自動的に牽引し続けてくれるので、労力が少ない。実験結果により増大することを明らかにしており、医療器具として認められている物なので危険性も極力少ない。
器具をつけて長時間(3〜8時間)過ごさなければいけないので、ストレスがかかる。

 

ペニス牽引器具は、私自身多く使っていますが、医学的に増大が認められたアンドロペニスは確実性が高いペニス増大ができるので、本気で増大をしたい人はおすすめです。

アンドロペニスの体験レビューはこちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました