チントレでペニス増大できる人のたった一つの要素(EQ)

この記事は約3分で読めます。

ペニスを増大させるためにチントレをして増大を目指しますが、「2cm」「3cm」と増大を成功させることができる人もいれば、ほとんど増大成功できない人もいます。

実は、チントレでちんこが増大するには条件が1つあるのです。それは、勃起能力(EQ)です。EQにはさまざまな定義方法がありますが、

EQとは、「勃起のしやすさ」「勃起頻度」「勃起の硬さ」「勃起維持」「賢者タイムの短さ(不応期の短さ)」「朝立ち」など勃起に関わる総合的な指標です

このEQが弱ければ、チントレをしても増大効果として得られる恩恵は少ないものになってしまいます。チントレでは靭帯を伸ばす行為以外にも、血流を使ってペニス内部組織を広げて容量を大きくします。

そして組織に刺激して回復するためにも血流良く栄養素をしっかりと届けて回復する必要がありますし、勃起した時にEQが弱ければ容量が大きかったとしても最大値まで膨らむことはないので、増大効果を実感するにはEQが必須になります。

 

勃起能力(EQ)の基づくチントレ方法

EQは、適切なチントレを行うことで勃起力が向上していくので、チントレ前、また現状のEQの最高地点をしっかりと把握しておくことが大事です。

チントレによってEQが向上したら更に最高地点を覚えておくのです。ある程度わかる範囲でメモを取ることで確実性が高いです。勃起能力は人それぞれですが自分にとって最高地点を把握することで、チントレによって最高地点と差がないかどうか、把握しながら一日以上は離れないようにする意識が大切です。

「EQ最高地点(ベースライン)」→「チントレ」→「EQ最高地点更新(新ベースライン)」→「チントレ」→「EQ最高地点の新ベースライン維持」

このように、チントレによって更新されたのなら新たな最高EQ地点から離れないように体の調子を整えならチントレをしていく意識が重要になります。

 

勃起力(EQ)が下がってしまう要因

チントレのオーバートレーニング

EQは、適切なチントレを行うことで勃起力が向上できるようになります。ですがオーバートレーニングによりが低下してしまう様ならチントレを休息する必要があります。

チントレの強度レベルを図るには生理学的指標(PI)を参考にすると自身にとって適切なチントレ強度・時間を定めることができます。

生活習慣が悪い

睡眠、食欲、運動と日常の生活習慣は勃起能力でとても重要な要素であり、チントレの効果を最大限実感するためにも、日常的な生活習慣から意識することが大切です。いくらチントレをしていたとしても生活習慣がめちゃくちゃなら成果も表れにくいんですね。

栄養不足

栄養不足により亜鉛など成長ホルモンに関係する成分が少なければ、男性ホルモンであるテストステロン分泌量も少なくなり勃起能力は必然的に落ちてしまいます。

亜鉛量を積極的にとっても勃起能力が向上する訳ではなく、亜鉛不足の場合に要注意なんですね。

アルギニンやシトルリンなどNO系成分は積極的にとることで勃起能力向上の効果がありますので、亜鉛など栄養不足に気をつけつつNO系成分をとると効果的です。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました